Carl Zeiss Jena DDR MC Sonnar 3.5/135

1.jpg


e-bayで12000円で落札しました。ヤフオクだと程度の良いものだと20000円〜からしています。
今回落札したこのレンズですが塵や埃もなくレンズの曇りもなくとても程度の良いものでした。

このレンズの細かいスペックはこちらが参考になります。

E-P3にCZJ DDR MC Sonnar 3.5/135を装着して地元の公園で試し撮りしてみました。
なお、フォーカルレデューサーを装着しているので焦点距離は190mmになります。

PC277118.jpg

Manual ISO 400 F8

PC277119.jpg

Manual ISO 400 F11

PC277120.jpg

Manual ISO 400 F5.6

PC277121.jpg

Manual ISO 400 F11

PC277122.jpg

Manual ISO 400 F11

PC277123.jpg

Manual ISO 400 F5.6

PC277125.jpg

Manual ISO 400 F5.6

PC277124.jpg

Manual ISO 400 F8

PC277126.jpg

Manual ISO 400 F11

PC277127.jpg

Manual ISO 400 F3.5

PC277128.jpg

Manual ISO 400 F3.5


最短撮影距離は90cmなので近接で撮るのはちょっと難しいですが、風景の切り取りなんかには気持ち良く使えそうです。
全体的にこのレンズはシャープな感じに仕上がるようです。

Carl Zeiss Jena MC Pancolar auto 1.8/50mm Lens M42 (2)

今日はCZJ MC Pancolar 1.8/50mmをE-P3に付けて街を散策しました。ZJ MC Pancolar 1.8/50mmがどんなレンズなのか大体わかりました。結構便利なレンズです。撮影はFocal Reducerを装着しマニュアルモードでisoは全て400で撮影しました。ボケが美しいレンズです。


PC197094.jpg

PC197095.jpg

PC197097.jpg

PC197100.jpg

PC197104.jpg

PC197107.jpg

PC197111.jpg

PC197113.jpg

PC197115.jpg












Carl Zeiss Jena MC Pancolar auto 1.8/50mm Lens M42

Carl Zeiss の標準レンズのキングと言われているレンズです。eBayで購入しました。
17000円でシッピングが約2000円。トータル19000円でした。以前に比べるとちょっと金額は高かったですが、モノ自体はMintに近い状態でした。ヤフオクでも1.8万円〜2.3万円の値が付いていたのでまぁまぁというところでしょうか。

Carl Zeiss Jena MC Pancolr 5018

レンズ構成はダブルガウス型と呼ばれる構成でコントラストが高く円形絞りによるボケ描写がとても美しいレンズです。
主に人物、動物、植物などの撮影に使われることが多いです。

このレンズによる撮影写真がデータベースで公開されています。ここです。また、レンズのスペックはこちらに掲載されています。

まだモノを受け取っていないので、モノが来たら試し撮りをしたいと思います。
その際はまたこちらのブログに掲載する予定です。

ROXSEN Focal Reducer Speed Booster Adapter M42を使ってみる

オリンパスのE-P3はマイクロフォーサーズ機でM42のオールドレンズを使う場合、フルサイズの35mm機に対して約2倍の焦点距離になる。これは焦点距離50mmのレンズを使うと100mmの焦点距離になってしまうことを表しています。
そうすると、必然的に被写体も限られてしまいオリジナルレンズの特性を十分に活かすことが出来ません。

そこで、スピードブースターならるものが世の中にあります。これはマウントアダプターに縮小光学系を内蔵したもので、35mm換算で焦点距離を縮小するものです。例えば、焦点距離50mmのレンズをマイクロフォーサーズ機にマウントした場合、50mm✖️2✖️0.72=72mm となり35mm換算で1.4倍程度の焦点距離となってこれはAPS−C機と同等の画角での撮影が可能となります。また、副次効果として1段分明るくなるというおまけも付いていきます。

有名どころではMetabonesのスピードブースターがありますが、マイクロフォーサーズ-M42タイプのものが無く、他の製品を見てもものすごく高価です。現在Focal Reducerを販売しているのはMetabones,Kipon,RJ Camera,ROXSEN,中一光学などがあります。が、Kipon、RJ Cameraはと中一光学(Zhongyi Optical)は中華製、ROXSENは台湾製。


さて、マイクロフォーサーズに縮小光学系(Focal Reducer)を適用した場合は上述の通り焦点距離は35mm換算1.4倍になります。以下の通りマイクロフォーサーズ機に焦点距離50mmのレンズを装着すると望遠レンズになってしまいますが、
Focal Reducerを装着することにより焦点距離が幾分かは縮小されます。

焦点距離28mmのレンズ: 58mm  ;Focal Reducer装着時 42mm
焦点距離35mmのレンズ: 70mm  ;Focal Reducer装着時 50mm
焦点距離50mmのレンズ:100mm ; Focal Reducer装着時 72mm
焦点距離58mmのレンズ:116mm ; Focal Reducer装着時 83mm
焦点距離80mmのレンズ:160mm ; Focal Reducer装着時115mm


そこで実際にE-P3にFocal Reducerを付けて撮影してみました。
レンズは、Carl Zeiss Jena P 29mm F2.8 + PLフィルターです。

PC107026.jpg
マニュアルモード F値2.8 シャッタースピード1/250 ISO400

マイクロフォーサーズで29mmの焦点距離だと35mm換算で58mmでうので約40度の画角になります。
これに対してFocal Reducerを装着すると42mmの焦点距離になることから約54度の画角となります。
上の写真はFocal Reducerを装着した時の写真ですが、Focal Reducerを装着する前に比べて画角が広くなりました。

まだ十分に使っていないのでこれからFocal Reducerを使いながらもう少しメリット・デメリットを明らかにしてみたいと思います。

Carl Zeiss Jena P 29mm F2.8

Carl Zeiss Jena (CZJ)の中でもちょっと変わったネーミングの「P 29mm F2.8」。
これはMeyerOptikのオレストゴンと全く同じもの。MeyerOptik社はPENTACONに吸収されその後にPENTACONはCZJに吸収されCarl Zeiss Jena Pの名称で販売されたものです。PはPENTACONを意味するものと思われます。

このレンズの詳しい情報はこちらに書かれています。


僕が実際にCarl Zeiss Jena P 29mm F2.8で撮影したものを以下に示します。
カメラはオリンパスE-P3+M42アダプタを使っています。

IMG_00027.jpg

IMG_00028.jpg


PC046958_201512041748413a2.jpg

ISO 200 絞り優先モード 開放 シャッタースピード 1/4000

PC046959_20151204174844331.jpg

ISO 200 絞り優先モード 開放 シャッタースピード 1/160

PC046961_2015120417504737e.jpg

ISO 200 絞り優先モード 開放 シャッタースピード 1/100

PC046962_20151204175050b97.jpg

ISO 200 絞り優先モード 開放 シャッタースピード 1/500

PC046964_201512041750524d4.jpg

ISO 200 絞り優先モード 開放 シャッタースピード 1/4000

PC046971.jpg

ISO 200 絞り優先モード 開放 シャッタースピード 1/2500

PC046973.jpg

ISO 200 絞り優先モード F4 シャッタースピード 1/1250


ボケ具合は8枚目の方が好きですが5枚目のボケ方が本来のこのレンズのボケ方だと思います。
一段絞るとシャープさが増して色合いも中々良い感じだと思います。ただ4隅が少し気になりますが・・・。

29mmという画角が珍しくて購入しましたが、25cmまで寄れるレンズなので使い方次第では面白い撮影が出来るかもしれません。

E-P3とHELIOS-44M-58mm F2.0 M42 の感想

以前にこちらの記事にレビューを書きましたが、初めてオールドレンズを購入したのがHELIOS-44M-58mm F2.0 M42でした。しかも初めてのロシアレンズ。いきなりロシアレンズに手を出してしまいました。

東京八王子の夕焼け小焼け公園でHELIOS-44M-58mm F2.0を使ってみました。
ISOは200に固定、ホワイトバランスは太陽光に固定。
以下に撮影した写真を載せましたが、F値を絞っていくとくっきりと解像がはっきりします。
また、開放にすると柔らかいボケが楽しめます。

こちらにも同様の記事を書きました。

No.撮影画像速度F値
1HELIOS2.png1/125F5.6
2HELIOS3.png1/1000F2.0
3HELIOS4.png1/4000F1.8
4HELIOS5.png1/2500F1.8
5HELIOS6.png1/5F7.1
6HELIOS7.png1/250F4
7HELIOS8.png1/640F4
8HELIOS10.png1/3200F1.8
9HELIOS11.png1/5F22
10HELIOS12.png1/1000F1.8
11HELIOS13.png1/1600F2.8
12HELIOS14.png1/2000F2.8

第1回 レビュー HELIOS-44M-58mm F2.0 M42

Zeiss、LEICA は写真を趣味にしている人にとっては憧れのブランドであることは間違いないと思います。
しかし、いずれも簡単にほいほい購入出来るような値段ではありませんが、諦める必要はありません。
ヤフオクやebayなどのオークションを使って落札するのも手ですが、早々、安い価格で落札は出来ません。

そこで、ヤフオクを見ているとロシアレンズに行き着きました。
さて、そのロシアレンズを調べていくといろいろ面白いことが解ってきます。
僕が調べた範囲で解った事を列挙します。


 1.価格が安い
 2.Zeissの様な描写のレンズもある
 3.MC(マルチコーティング)されているものとされていないものがある
 4.同じ型番でも自動絞り専用のものとそうでないものが存在する
 5.入手可能なのは中古品がほとんど
 6.マウントの種類が豊富
 7.同じ型番のレンズでも製造元が異なっているものもある
 8.LEICAやZEISSのレンズと同じスペックのレンズが豊富
 9.品質が安定していない(個体差が大きい)。
10.逆光に弱い?
11.ミラーレンズの技術力は優れている
12.年代により製品の出来にバラツキがある?


ざっと調べると上記の様なことが解りました。
確かに価格は安くレンズによって異なりますが、ヤフオクで5000円~2万円くらいで手に入ります。
今回、僕が手に入れたHELIOS-44M-58mm F2.0 M42は6000円で入手しました。

それと今時はカラーで撮影することが殆どですからレンズも白黒時代やAFが無い頃のレンズではなく、
カラーに対応しているレンズを求めました。マウントは後のことを考えてM42マウントを選びました。
あくまでも僕のロシアレンズ選びの基準ですが、決して古いから良いレンズとは言えないのがロシアレンズではないかと
思うのです。古くて良いレンズを求めるとロシアレンズと雖も安く手に入れるのは難しいと思います。
入手価格の基準は1万円以内。これが僕の選定基準です。
1万円以内で購入出来ればたとえはずれだとしても諦めがつきます・・・。


取り敢えず、手にして自分で撮影してみないと何とも解らないのがロシアレンズの魅力かもしれません。
日本のレンズれあればそんなことは許されませんが、ロシアレンズには当たり外れの差が結構あるようです。
上の項目の7番と12番にも書きましたが、同じ型番のレンズでも製造元が異なったり、年代によって製造元が違ったりなど
理由は定かではありませんが現実にこの様なことがあるようです。


あと、ロシアレンズや東欧のレンズを専門的に扱っているショップもあります。
KING-2さんやNOCTOさんが有名です。どちらもレンズのマウント改造も行っています。


今回、手に入れたHELIOS-44M-58mm F2.0 M42について少し書きます。
下の写真のとおり、オリンパスのE-P3HELIOS-44M-58mm F2.0 を取り付けました。
マウントアダプターは、ディスカバ フォトのM42ーマイクロフォーサーズ用マウントアダプタです。

M42.jpg


写真のとおりZENITのロゴが入っています。

IMG_1716.jpg

ボディナンバーは92614637。1992年製造のロシア製のものです。
この1992年と言う年はソビエトが崩壊した翌年の年です。
この時期に製造された製品はネットではあまり良い話しは聞きませんが本当のところどうなんでしょう?。

IMG_1718.jpg


MC HELIOS-44M-58mm F2.0HELIOS-44M-58mm F2.0 の違いが解らずちょっとネットで調べました。
そう簡単ではなく、スペイン語で書かれたサイトにHELIOSについての詳細な解説があったので概要を以下にまとめます。
(間違っているかもしれませんが・・・)

HELIOS-BTK (Biotar Kranslogorski)
HELIOS-44M の原型になったモデル。

スタートカメラ用HELIOS
KMZ工場で製造。シングルコーティング。

HELIOS-44
KMZとMMZでM39、M42マウントを製造。解像度は14/35本/mm

HELIOS-44-2
1971年からKMZ,MMZ,Jupiterの3つの工場で製造。シングルコーティング。解像度は20/32本/mm
マニュアル絞り、プリセット可。

HELIOS-44-3
HELIOS-44-2の設計変更モデル(モディファイモデル)。MMZ工場で製造。解像度は20/38本/mm

HELIOS-44-3M
HELIOS-44-3のマルチコーティングモデル。

HELIOS-44-7
ZENIT7専用のレンズ?

HELIOS-44D
ZENIT D専用のレンズ。

HELIOS-44-M1

HELIOS-44M、MC HELIOS-44M
シングルコーティング又はマルチコーティング。解像度は21/42本/mm
MCの刻印が無いタイプはシングルコーティング。MCはマルチコーティング。

HELIOS-44M-4, MC HELIOS-44M-4
MCの刻印が無いタイプはシングルコーティング。MCはマルチコーティング。解像度は21/42本/mm

HELIOS-44M-5、HELIOS-44M-6、MC HELIOS-44M-7
Valdai Jupiter工場で製造。
HELIOS-44M-5はマルチコーティング擬き?
HELIOS-44M-7のみマルチコーティング。
HELIOS-44M-6 MCとMC HELIOS-44MM-7の設計が異なる2種類が存在。
解像度の違いにより分類された。
MC HELIOS-44M-5  40/20本/mm
MC HELIOS-44M-6  25/45本/mm
HELIOS-44M-MC-7  50/30本/mm

似たような型番で表記の順序が違っていたりするなどもありますが、
MC HELIOS-44M-6やHELIOS-44M-MC-7は現在も製造されているようです。
この製造時の品質テストや性能試験の結果の違いから型番(末尾の「-X」)を分けているようにも思えます。

実際に僕が購入したHELIOS-44M-6-58mm F2.0の写りを見てみましょう。


P6086506.jpg

P6086512.jpg


中々面白いレンズです。ボケも綺麗な感じ。
58mmと言う焦点距離はE-P3だと35mm換算で116mmの焦点距離に相当します。
ボケを効かしたスナップやポートレートで威力を発揮しそうです。

なんたって6000円です。コストパフォーマンスがよろしいですね。
魅惑のロシアレンズです。これからもロシアレンズに嵌まっていきそうです。


ここからはオールドレンズに関連する本の紹介です。
オールドレンズ全般。国産レンズ、海外レンズを豊富に紹介しており中古価格も掲載されているので参考になります。
僕もこの本を購入しました。実際に撮った写真が掲載されており参考になります。






LEICA M デジタルM型ライカブック (玄光社MOOK)

新品価格
¥2,268から
(2015/6/10 20:42時点)





オールドレンズ・ライフ Vol.3


tag : レビュー HELIOS-44M-58mm F2.0 M42 E-P3


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村

E−P3とオールドレンズ

IMG_1716.jpg


E-P3を着せ替えサービスに出している間にオールドレンズを物色していました。
オールドレンズとは昔のレンズのことですが、AFやカラーが無かった時代のレンズや初期のAFの頃のレンズをオールドレンズと呼んでいる様です。

写真を趣味にしている人だったら知らない人はいないと思いますが、LEICAやCarl Zeiss のレンズは誰もが一度は使ってみたいレンズです。しかし、オールドレンズをよく探してみるとこれが思いもかけない値段で手に入れることも可能です。

メーカーセットのレンズだけでなく、オールドレンズで遊んでみるのも悪くないですよ。
と、言いながら遂にというかとうとう僕もロシアレンズに手を出してしまいました。

写真を本格的な趣味にしたのが1998年。ですからもう17年も写真をやっていますが、NIKON機を使っていた頃はNIKON、シグマ、タムロンと国内メーカのレンズを使っていました。しかし、オリンパス機になってからはマイクロフォーサーズと言うこともあって、OMレンズやPENのレンズだけでなく、海外のレンズにも目を向ける様になりました。

ボディを変えるのでは無くレンズによる違いをもっと楽しみたいと思う様になってきました。
これがきっかけで遂にロシアレンズにも手を出してしまうようになってしまいました。


さて、オールドレンズと言われている中でもロシア製レンズや東欧製のレンズは2000~3000円で手に入る事もあります。大抵、1万円でお釣りが来ます。そんなロシア製レンズや東欧製レンズでも性能は悪くないです。
何しろLEICAやCarl Zeiss のコピーレンズまであるのですから、写りも悪くありません。


僕は7千円くらいでロシア製のレンズを手に入れました。Helios 44M-6 MC F/2 58mm SLR m42 ZEISS BIOTARというレンズです。ネーミングからしてCarl Zeiss のBIOTARのコピーであることが解ります。


IMG_1716.jpg



このレンズはHelios 44Mシリーズで現在でも生産されているらしいです。Helios 44M-4以降を後期シリーズ、それより前を前期シリーズとして区別しています。44M-4以降は絞りがオートにしか対応していませんので、マウントアダプターをピン押しタイプのものを選ぶ必要があります。


それでHelios 44M-6 MC F/2 58mmをE-P3に取り付ける為にはマウントアダプターというものが必要になります。これをボディとレンズの間に入れて取り付けます。Helios 44M-6 MC F/2 58mm のマウントはM42と言うものでLeicaのマウント方式です。M42マウントは世界中で沢山ありますので、オールドレンズを楽しむのにM42マウントアダプターを持っていても無駄になりません。


マウントアダプターをネットで見ていると価格差が激しい事に気付きます。価格が安いから粗悪品とは言い切れませんが、中には未調整のものや微妙に寸法が異なるものがあったりするので、マウントアダプターを購入する際はレビュー記事や実績を確認した方が良いです。因みに僕はディスカバーフォトのこれを使っています。


BM42M43na.jpg


BM42M43n.jpg


ところで、このHelios 44M-6 MC F/2 58mmというレンズですが、ロシア製のレンズと言えばHeliosというくらいHeliosは有名です。44Mシリーズは上述しましたとおりCarl ZeissのBIOTARのコピーですが当初の44はマニュアル絞りでしたが44M-4以降は自動絞りのみの対応になっています。MCはMulti Coat の略。


まぁ、未だ商品が手元にないので到着したら撮影画像も含めてHelios 44M-6 MC F/2 58mmのレビュー記事をアップします。

tag : OLYMPUS デジタルカメラ オールドレンズ Helios 44M-6 MC F/2 58mm


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村
アクセス
カテゴリ

openclose

記事ナビ
このブログについて
このブログのテーマは大きく分けて二つのテーマを取り扱っています。 一つはオリンパスのデジタルカメラやレンズ、アクセサリーなど機材の紹介やレビューです。 二つめはこれまでの僕の旅の記録を五畿七道の分類に従って記事を作成しています。 オリンパスのデジタルカメラを片手に日本全国旅して各地の風景をここに残せたら良いと思い、ブログを作りました。
プロフィール
ブロとも一覧

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

ちょことまろん

遊遊爺的なボクの時間

シニカルな日常 with OLYMPUS PEN

よく当たる競馬データ予想 *無料*

FC2ブログアクセスアップ

写真日和

PHPラボラトリ

ワイドナショー発言・コメント集
FC2アフィリエイト
今、一番売れている商品
楽天売れ筋ランキング
楽天 オリンパスカメラ人気商品
フジカラーデジカメプリント
口永良部島 新岳噴火災害募金
FC2BLOG
検索
時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
Yahoo News
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Fotopusで写真を楽しもう!!
オリンパス オンラインショップ
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド
レビュー(#1)HELIOS-44M-58mm(#1)伊勢(#1)立川(#1)南海道(#2)貴船神社(#1)宇治川(#1)鈴虫寺(#1)逢坂関(#1)鬼太郎茶屋(#1)仁和寺(#1)あがりゃんせ(#1)M42(#1)天龍寺(#1)賢島(#1)大阪駅(#2)伏見稲荷大社(#1)青島(#8)琵琶湖(#1)OLYMPUS(#14)M.ZUIKO(#7)仙崎(#8)尾道(#8)宇治(#2)三千院門跡(#1)下関(#8)鳥羽(#1)那智の大滝(#2)借景(#1)白浜(#2)全域F2.8(#1)STYLUS-1(#1)VG-180(#1)熊野速玉大社(#2)伊豆,下田(#1)嵐山宮廷鵜飼船(#1)高雄(#1)シルバー(#3)鳥取(#1)十三重石塔(#1)XZ-10(#1)F/2(#1)F1.8(#5)門跡寺院(#2)ラムサール条約登録(#1)萩(#8)京都(#3)等持院(#1)橘島(#1)宇治公園(#1)あじろぎの道(#1)廬山寺(#1)嵐山(#1)岩倉実相院(#1)東南隅櫓(#1)島根(#1)出雲(#1)OM-D(#1)山城(#14)東京(#2)E-P3(#4)熊野本宮(#2)DIGITAL(#5)浅草(#1)比叡山(#1)近江(#1)岩国(#8)深大寺(#1)錦帯橋(#8)28-300mm(#1)伊豆,下田,弓ヶ浜,奥石廊崎,雲見(#1)毘沙門堂(#1)安来(#1)武蔵(#3)龍神峠(#1)出雲歴史博物館(#1)世界遺産(#10)E-100RS(#1)昭和記念公園(#1)ブラック(#2)東京駅(#2)宇治橋(#1)畿内(#1)二条城(#1)鹿苑寺(#1)圓通寺(#1)京都御所(#1)E-PL3(#1)角島(#8)大津(#2)塔の島(#1)出雲大社(#1)鵜飼(#1)MC(#1)平等院(#1)浅草寺(#1)STYLUS(#6)オールドレンズ(#1)志摩(#1)雄琴(#1)Helios(#1)ポイント(#1)SLV(#1)源氏物語(#1)亀山家(#1)天丼(#1)光学10.7倍ズーム(#1)SH-2(#1)F2.8(#4)金閣寺(#1)44M-6(#1)デジタルカメラ(#13)神護寺(#1)モッピー(#1)広島(#8)宝が池公園(#1)光学24倍&超解像48倍ズーム(#1)45mm(#4)光学式5軸手ぶれ補正(#1)大阪(#1)F2.0(#1)高野山(#2)中の島(#1)58mm(#1)単焦点レンズ(#2)着せ替え(#1)山口県(#8)
RSSリンクの表示
RSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Ranking
メルマガ登録
オリンパス 人気商品
写真レイアウト自由自在
プロが教える一眼レフカメラ上達講座
デジカメ写真ネット注文募集
MyBook~1冊からつくれる写真集~
高品質のオリジナルアルバム
売上げアップ!!王様の撮影キット
カメラのキタムラ
カメラ買取の専門店
オリンパス ストア
更新履歴


西湖 (02/24)

我が家の猫 (01/07)

2016年 新年あけましておめでとうございます (01/01)

Carl Zeiss Jena DDR MC Sonnar 3.5/135 (12/30)

昭和記念公園のイルミネーション (12/26)

E-M1「冬の夜景キャンペーンセット」+12-40mm F2.8 Proをお得に購入 (12/21)

Carl Zeiss Jena MC Pancolar auto 1.8/50mm Lens M42 (2) (12/19)

E-M1とE-M5 MarkⅡのどちらを購入する? (12/18)

Carl Zeiss Jena MC Pancolar auto 1.8/50mm Lens M42 (12/14)

ROXSEN Focal Reducer Speed Booster Adapter M42を使ってみる (12/12)

総記事数:
FC2
Blog Ranking
ブログ王
にほんブログ村
ブログの殿堂
ブログランキング
かんたん相互リンク
ブログ村
ランキング
QRコード
QR