第8回 街道を訪ねて 播磨 神戸・山城 東山

京都9

第8回 街道を訪ねて 山口県 角島青島・因島・淡路・神戸・京都

出発日 2014年10月14日
出発地 兵庫県淡路市 あわじ浜離宮
目的地 東京 自宅

1日目〜2日目
10日の15時に東京を出発して夜通し高速道路を走って11日の午前9時に下関に到着。
下関市内を散策して15時にホテルにチェックイン。

角島青島、因島へと向かう。
下関駅~角島間は一般国道、角島青島間も一般国道、そして~中国道までも一般道。
台風が沖縄に接近しているらしい・・・。天気は良いけど大丈夫かな?


2日目
青島の金子みすゞ記念館へ向かった。
では城趾、武家屋敷、城下町を散策した。
錦帯橋を後にしてこの後は広島県の因島へ向かいます。

3日目
結局、因島では台風の影響により観光出来ず、明け方5時30分に出発。


全路線図

4日目
淡路島へ向かった。
淡路島の洲本市が台風の被害に遭う。


5日目

淡路島から神戸のモザイクガーデンへ向かいました。
モザイクガーデンでランチ。
後は京都東山に向かい帰宅します。

ーーーーー 6日目 下関から角島青島・萩・因島・淡路島・神戸・京都 ーーーーー

さて、第二2の僕のふるさと京都へ帰ります。と、言ってもちょっと東山に寄り道するだけです。
東山で少しゆっくりしたら東京へ帰ります。

今は未だ神戸です。神戸を出たのが15時30分頃。
ここからの帰り道は、以下の経路をとおります。時間帯によるのですが、この時間だと国道171号線の渋滞に遭うので
亀岡経由で東山に向かうことにします。

 神戸~西宮間     :国道2号線、
 西宮~池田井口堂間  :国道171号線
 池田井口堂~池田木部間:国道176号線
 池田木部~亀岡間   :国道423号線
 亀岡~国道9号線交差間 :国道372号線、
 国道9号線~五条通~東大路通

京都東山に到着したのが17時30分頃でした。
神戸から幹線国道を使うよりは早かったです。だいたい京都から神戸方面へ向かう時はいつもこの道を使っています。

車を駐車場に駐めて松原通を歩いていくと、中学生の修学旅行?と思われる集団が道を塞いでいました。
まぁ、京都の街中を歩いているとよくある光景です。

京都1


あぶらとり紙はいつも女性に人気です。


京都2

こんなところに・・・、お菓子屋さんが出来ていたんですね。

京都3

京都4


聖護院の八つ橋はいつも人気ですね。

京都5


せっかく来たんだから清水寺へお参りしにいこうとしたら改修中でした。

京都6


七味で有名な七味家さん。僕はいつもここで七味を買っていきます。

京都7


産寧坂。いろんなお店を見るのが楽しい。


京都9

お店ももう終わってしまいました・・・。残念。


京都8


この後は京都で所用を済ませて京都を後にしました。
このあとの自宅への帰り道は、名神大津ICに出て大津ICから高速に入って自宅に帰りました。

今回の旅行はかなりハードでした。
それでも計画どおりにほぼ観光できましたが、残念だったのは因島と倉敷です。
台風の影響で早々にホテルを引き上げた為、因島と倉敷へはまた機会があれば遊びに行きたいですね。

今回車で走った走行距離は2995.3Km。日本は広いですね。
僕も妻も健康なうちに出来るだけ多くの地を訪れたいと思っていますが、これまでの最高記録。よく頑張りました。


山口県はとても気に入ってしまいました。
東京からはちょっと遠いですが、今度訪ねる時はもう少しゆっくりしたいと思います。


「街道を訪ねて 山口県 角島青島・萩・因島・淡路島・神戸・京都」はこれで終わりです。
次回の「街道を訪ねて」は和歌山・三重編です。

tag : 山口県 下関 角島 仙崎 青島 岩国 錦帯橋 広島 尾道


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村

第5回 街道を訪ねて 備後 因島

しまなみ海道2

第5回 広島県 因島

出発日 2014年10月12日
出発地 山口県下関下関駅前ホテル
経由地 青島錦帯橋、因島、淡路島

1日目〜2日目
10日の15時に東京を出発して夜通し高速道路を走って11日の午前9時に下関に到着。
その後、下関市内を散策して15時にホテルにチェックイン。

クタクタになった身体を十分に休めて12日は今回の旅行のメインの一つである角島青島、因島へと向かう。
出発は午前7時00分。今回の工程の中で一番辛い工程です。朝食抜きでした。
と、言うのも下関駅~角島間は一般国道、角島青島間も一般国道、そして~中国道までも一般道。

と、言うことで計画的には地方道なので平均時速40Km/h+休憩時間を考慮し因島のホテル着を17時30分着で計画しています。果たして17時30分に因島のホテルにチェックイン出来るか?
台風が沖縄に接近しているらしい・・・。天気は良いけど大丈夫かな?


2日目
順調に角島見学&散策を済ませて次ぎは青島の金子みすゞ記念館へ向かった。
金子みすゞ記念館ではすっかり彼女の人生と文学作品に触れて感動しました。

青島からは比較的近い。
では萩城趾、武家屋敷、城下町を散策した。
萩焼まつりが開催していて、様々な陶芸家の作品を見ることが出来ました。
時間を忘れて焼き物に夢中になってしまいました。コーヒーカップと湯飲みを購入してしまいました。

さて、錦帯橋を後にしてこの後は広島県の因島へ向かいます。

全路線図


ーーーーー 3日目 下関から角島青島・萩・因島 ーーーーー

錦帯橋を後にしてあとは広島県の因島へ直行です。
16時過ぎの出発だったので予定より早く18時30分頃にホテルに到着する予定です。
それよりも台風が九州上陸というニュースを聞いてすこし驚いています。
このまま台風が北東の進路を取れば因島やこれから向かう淡路島はまずいと思いますが、ホテルも予約してるしなぁ~。

取り敢えず、岩国ICから山陽道に入ります。
ここも周遊券で設定されているコースなので料金は割引になります。
目指すは福山西IC。福山西ICからはしまなみ海道・西瀬戸自動車道に入ります。

西瀬戸自動車道大浜PAにあったしまなみ海道の看板。

しまなみ海道1


下の写真は因島大橋。天気も大分悪くなってきました。

しまなみ海道2


対岸は向島。

しまなみ海道3


結局、この日は18時30分にホテルにチェックインして疲れを癒やしました。
夜になると台風の影響で雨風が強くなってきました。
台風で因島大橋が通行止めになり因島から脱出できなくなる可能性もあるため、明け方5時30分頃にホテルを引き上げました。
本当は因島水軍城や因島公園を散策したかったのですが、台風の影響で無理でした。

あとは最後の宿泊地である淡路島に行くことにします。
ホテルも予約しているし、今さらキャンセルもできないしね。
それと淡路島であれば本土へ抜ける経路が2つ(徳島へ抜け香川から岡山へ抜けるルートと神戸へ抜けるルート)あるのでなんとかなるかぁ。

それにしても因島へは何しに来たのでしょう。身体を休めるためだけの宿泊になってしまいました。
ゆっくりお風呂にも入れて無事にここまでこれたので由としましょう。

次号へ続く。次回は淡路島・神戸・京都です。

tag : 山口県 下関 角島 仙崎 青島 岩国 錦帯橋 広島 尾道


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村

第4回 街道を訪ねて 周防 岩国

錦帯橋1

第4回 山口県 岩国

出発日 2014年10月12日
出発地 山口県下関下関駅前ホテル
経由地 青島錦帯橋、因島

1日目〜2日目
10日の15時に東京を出発して夜通し高速道路を走って11日の午前9時に下関に到着。
その後、下関市内を散策して15時にホテルにチェックイン。

クタクタになった身体を十分に休めて12日は今回の旅行のメインの一つである角島青島、因島へと向かう。
出発は午前7時00分。今回の工程の中で一番辛い工程です。朝食抜きでした。
と、言うのも下関駅~角島間は一般国道、角島青島間も一般国道、そして~中国道までも一般道。

と、言うことで計画的には地方道なので平均時速40Km/h+休憩時間を考慮し因島のホテル着を17時30分着で計画しています。果たして17時30分に因島のホテルにチェックイン出来るか?
台風が沖縄に接近しているらしい・・・。天気は良いけど大丈夫かな?


2日目
順調に角島見学&散策を済ませて次ぎは青島の金子みすゞ記念館へ向かった。
金子みすゞ記念館ではすっかり彼女の人生と文学作品に触れて感動しました。

青島からは比較的近い。
では萩城趾、武家屋敷、城下町を散策した。
萩焼まつりが開催していて、様々な陶芸家の作品を見ることが出来ました。
時間を忘れて焼き物に夢中になってしまいました。コーヒーカップと湯飲みを購入してしまいました。

さて、萩を後にしてこの後は日本海側から瀬戸内海側へ縦断して広島県の因島へ向かいます。

全路線図

ーーーーー 3日目 下関から角島青島・萩・因島 ーーーーー

萩を後にして、これからは今日の宿泊地である広島県の因島へ向かいます。
時間があれば倉敷に立ち寄りたいですが、萩を出発したのが13時00分頃でしたので、倉敷に立ち寄るのは無理です。
次回のお楽しみとしましょう。

さて、萩から中国道乃至山陽道に入るには国道490号線を使って日本海側から瀬戸内側へ抜けます。
意外とこの区間は山道の為時間が掛かりました。途中、秋吉台を経由しますがここも時間が無いので今回は無理。
しかも雲行きも怪しくなってきました。いよいよ台風が九州に近づいてきたようです。

十文字ICに到着しましたが国道2号線は車の流れがスムーズなのでそのまま岩国まで国道2号線で走ります。
途中岩国で時間に余裕がでれば錦帯橋に立ち寄りたいと思います。

15時過ぎに錦帯橋に到着。ここで少しゆっくりしていきます。
因島にはこのあと山陽道を使えば19時頃の到着になりそうです。なんとか19時過ぎくらいにはチェックインできそうです。

これが有名な錦帯橋です。5連の橋から成っています。
下に流れている川は錦川。

元々は、岩国城と城下町をつなぐ橋は普通の橋だったそうですが、錦川の氾濫で何度も橋が壊れたそうです。
中国の橋を参考に錦帯橋は作られたとのことです。錦川の氾濫にも耐えられるアーチ橋は見事な橋ですね。

錦帯橋1


橋を渡ると𠮷香公園。ここに岩国城の御土居跡が吉香公園。

錦帯橋


錦帯橋からみた錦川。

錦帯橋2

錦帯橋3


ここのお宅(喫茶店)でちょっと休憩。コーヒーを飲んで身体を休めます。
庭園が美しいです。

錦帯橋5

ちょっと違うアングルで錦帯橋を撮ってみました。

錦帯橋6


錦帯橋はここまでです。
16時過ぎに錦帯橋を後にしていよいよ岩国ICから山陽道に入ります。
あとはひたすら広島県の福山西ICを目指します。

次号へ続く。次回の「街道を訪ねて」は因島・淡路島編です。

tag : 山口県 下関 角島 仙崎 青島 岩国 錦帯橋 広島 尾道


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村

第3回 街道を訪ねて 長門 萩

萩16

第3回 山口県 角島青島・因島

出発日 2014年10月12日
出発地 山口県下関下関駅前ホテル
目的地 城趾

1日目〜2日目
10日の15時に東京を出発して夜通し高速道路を走って11日の午前9時に下関に到着。
その後、下関市内を散策して15時にホテルにチェックイン。

クタクタになった身体を十分に休めて12日は今回の旅行のメインの一つである角島青島、因島へと向かう。
出発は午前7時00分。今回の工程の中で一番辛い工程です。朝食抜きでした。
と、言うのも下関駅~角島間は一般国道、角島青島間も一般国道、そして~中国道までも一般道。

と、言うことで計画的には地方道なので平均時速40Km/h+休憩時間を考慮し因島のホテル着を17時30分着で計画しています。
果たして17時30分に因島のホテルにチェックイン出来るか?
台風が沖縄に接近しているらしい・・・。天気は良いけど大丈夫かな?


2日目
順調に角島見学&散策を済ませて次ぎは青島の金子みすゞ記念館へ向かった。
金子みすゞ記念館ではすっかり彼女の人生と文学作品に触れて感動しました。


全路線図


ーーーーー 3日目 下関から角島青島・萩・因島 ーーーーー

金子みすゞ記念館を出発したのが11時30分。12時30分頃には萩に到着する予定です。
道は国道191号線、北浦街道を東方へ進め萩へ向かいました。
萩では萩城趾、武家屋敷の見学、萩市内の散策を予定しています。
この萩は結構歩くことになるのでタイムロスが生じる可能性大です。まぁ、それでも因島に19時頃にチェックイン出来ればよいです。

下の地図を見ていて今更ながら気付いたのですが、萩市というのは陸続きでは無かったのですね。
橋元川と日本海に囲まれた島だったのですね。

萩マップ

なんとか12時30分頃に萩城趾の駐車場に到着。
駐車場を降りてまずは萩城の天守閣跡を目指します。
ぶらぶら歩いていると橋本川とお堀に出会い、ここで写真を1枚。

萩1


指月公園の入口です。
お堀の右奥に見えるのが指月山。指月山に萩城の天守閣があったと言われています。
明治7年の廃城令により城は取り壊されました。

萩2


さてようやく城跡に入ります。
お堀に沿って歩くことが出来ます。ここから見る指月山が美しい。

萩5

萩4

萩3

萩6

お堀の反対側は今は公園になっています。

萩7

庭園が美しい。

萩8

にゃーさんもすっかり落ち着いてのんびりしています。

萩9


ここが天守閣のあった基台の場所らしいです。
さぞ眺めがよかったでしょうね。

萩10


毛利輝元の銅像です。萩城は毛利輝元により築城されました。

萩11


続いて武家屋敷を見学。ここは旧厚狹藩の毛利家の萩屋敷長屋です。

萩12

萩13


中に入ると、流石に武家屋敷ですね。立派です。

萩14

萩15


武家屋敷を後にして萩の街を散策します。
本当は遊覧船に乗りたかったけど、時間が無いので今回は見学だけ。風情があっていいですね。

萩16


案内標識が目に付きました。時間があれば博物館にもいきたいけど、とりあえず城下町方面に向かって歩くことにしました。

萩18

なんだろう~。夜になると灯りが付くそうです。

萩19


萩らしい風景。よく見ると下にさっきと同じ竹筒があります。夜になると灯りが灯るそうです。

萩20


あっ、そう言えば高杉晋作、伊藤博文も山口県出身でしたね。
高杉晋作は長州藩士の高杉小忠太の長男としてここ萩の菊屋横町で生まれたそうです。
伊藤博文も山口県の周防(現在の光市)の出身ですが、幼い頃に家の事情でここ萩に転居したそうです。
そう言えばNHK大河ドラマの八重の桜で有名な吉田松陰も萩の出身でしたね。

萩21

因みに山口県は政治家が多いことでも知られていますね。
以下、Wikipediaより。

”首相経験者[編集]
• 伊藤博文(初代・第5代・第7代・第10代内閣総理大臣、初代貴族院議長)
• 山縣有朋(第3代・第9代内閣総理大臣)
• 桂太郎(第11代・第13代・第15代内閣総理大臣、拓殖大学創立者)
• 寺内正毅(第18代内閣総理大臣)
• 田中義一(第26代内閣総理大臣)
• 岸信介(第56代・第57代内閣総理大臣):熊毛郡田布施町(出生地は山口市)
• 佐藤榮作(第61代・第62代・第63代内閣総理大臣、ノーベル平和賞受賞):熊毛郡田布施町
• 安倍晋三:(第90代・第96代内閣総理大臣):長門市(出生は東京都)
• 菅直人(第94代内閣総理大臣、弁理士、元財務大臣、元厚生大臣):宇部市(本籍地は岡山県)”

菊屋横町あたりをブラブラ歩いて更に歩き続けると何やら商店街に出ました。
商店街の一角にこんな萩焼もありました。

萩焼

何やら萩焼まつりのようです。
至る所に焼き物屋さんが出展していました。僕は濃紺や鴇色の萩焼が好きです。
ちょっとお値段ははりましたが思わずコーヒーカップと湯飲み茶碗を買ってしまいました。

萩焼2

萩市内の散策を十分に楽しみました。
あとは、ここ萩から因島を目指します。今日は因島のホテルに宿泊します。
台風がどうやら九州に近づいてきそう・・・。明日は因島と尾道を訪ねます。

と、いうことで今日はこのへんで。
次号へ続きます。

僕のホームページでただ今準備中ですが「街道を訪ねて」シリーズを掲載しようと思います。

tag : 山口県 下関 角島 仙崎 青島 岩国 錦帯橋 広島 尾道


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村

第2回 街道を訪ねて 長門 角島・仙崎

角島1

第2回 山口県 角島青島・因島

出発日 2014年10月12日
出発地 山口県下関


1日目〜2日目
10日の15時に東京を出発して夜通し高速道路を走って11日の午前9時に下関に到着。
その後、下関市内を散策して15時にホテルにチェックイン。

クタクタになった身体を十分に休めて12日は今回の旅行のメインの一つである角島青島、因島へと向かう。
出発は午前7時00分。今回の工程の中で一番辛い工程です。朝食抜きでした。
と、言うのも下関駅~角島間は一般国道、角島青島間も一般国道、そして~中国道までも一般道。

と、言うことで計画的には地方道なので平均時速40Km/h+休憩時間を考慮し因島のホテル着を17時30分着で計画しています。
果たして17時30分に因島のホテルにチェックイン出来るか?
台風が沖縄に接近しているらしい・・・。天気は良いけど大丈夫かな?

全路線図


ーーーーー 3日目 下関から角島青島・因島 ーーーーー

午前7時00分に下関駅前のホテルをチェックアウト。
直ぐに車に乗り込み角島を目指す。ひたすら国道191号線(北浦街道)を北上する。

因みに下関市をWikipediaで調べると以下のような事が書いてありました。

”1889年(明治22年)4月1日の市制施行時に、日本で最初に市制を施行された31市の1つとして赤間関市発足(山口県で唯一)。1902年(明治35年)6月1日に現市名の下関市となる。2005年(平成17年)2月13日、下関市、菊川町、豊田町、豊浦町、豊北町が合併(新設合併)して、新たに下関市が発足した。これは、山口県が指定する下関広域都市圏と一致し、広域都市圏が1市にまとまったことになる(→山口県#地域圏)。”


北浦街道の「北」は豊北町の「北」であり、「浦」は豊浦町の「浦」だったのですね。
国道191号線は下関駅から広島広島市までの総延長290Kmの一般国道です。
経由地は山口県長門市、山口県市、島根県益田市と日本海側の海道をとおり島根県から内陸に入って広島市に至る。

そうこうしているうちに道の駅 北浦街道 豊北に到着。
角島はもうすぐであるが、景色も良いのでここで30分の一休み。

道の駅


国道191号線をしばらく走ると「角島入口」の標識が出てきた。どうやらここで北浦街道とお別れのようである。
県道275号線に入ると「角島」の標識が出てきた。角島大橋が見えてきた。

道の駅2


道の駅3


角島大橋と角島。青い海が綺麗です。

角島1

角島2

角島大橋を渡って角島灯台に来ました。

角島3

角島灯台そばの公園。

角島4


角島に着いたのが午前9時前。ほぼ予定どおりでした。
せっかく角島に来たのだから少しゆっくりします。1時間くらい角島を散策。
ここでは美味しい採れたてのイカ焼きを戴きました。


角島の次は青島へ向かいます。
ここでは有名な動揺詩人である金子みすゞさんの生家があるところです。
青島の手前にある仙崎というところです。
是非、見学したいところです。
10時30分に仙崎の金子みすゞ記念館に到着。

金子みすゞ1


因みに金子みすゞさんは、大正時代の動揺詩人。
「若き童謡詩人の巨星」と賞賛されましたが、26歳と言う若さでこの世を去り幻の動揺詩人とされています。
詳細はWikipediaに出ていますのでこちらを参照。


金子みすゞ2


金子みすゞ4


1時間くらいここを見学しました。
次に向かうのは萩です。仙崎から萩城趾まではほぼ1時間の行程なので慌てないでも12時30分頃には萩城趾には着けそうです。お昼は萩でとることにします。

再び車は国道191号線に入ります。
山陰本線に沿って国道を走ります。

次号に続く。次回の「街道を訪ねて」は萩・因島編です。

僕のホームページでただ今準備中ですが「街道を訪ねて」シリーズを掲載しようと思います。

tag : 山口県 下関 角島 仙崎 青島 岩国 錦帯橋 広島 尾道


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村

第1回 街道を訪ねて 長門 下関

これまでの僕の旅の記録を「街道を訪ねて」と題してブログに掲載していこうと思います。
古いものは2000年よりも前のものもあり現在とは異なるところもあるかと思いますが、当時の記録として残しておきたいと思います。
本当は旅の後すぐにブログに掲載すれば良かったのですが、今更ながらになりますが旅の思い出としてここに残していければと思います。

以下の地図は僕がこれまで訪れたことのある主な場所と車で走った主な経路を示したものです。
「街道を訪ねて」シリーズで詳しくご紹介していく予定です。


========= 街道を訪ねて 第1回 山口県下関市 ==========

門司

出発日 2014年10月10日
今回の旅は東京から車で京都、大阪、兵庫、岡山、広島、山口を訪ねる4泊5日の妻と二人旅。
宿泊地は下関、因島、淡路島、京都。
車はレンタカーでトヨタのアクア。燃費が良いのが自慢な車です。
高速代は西日本エリア周遊プランと言う周遊割引があり当時は19,960円で周遊し放題でした。

全路線図

ーーーーー 1日目 東京から西宮北 ーーーーー
周遊コースの設定により時間とスタート場所が指定される関係で東京を15時に出発。
一路西宮北ICを目指します。



新東名が出来たお陰で静岡県御殿場市を過ぎると新東名に入ります。
新東名は東名の北側を走りますが、富士山の裾野を過ぎても山ばかり。
と、言ってもあたりは暗く何も見えません。

新東名のSAで僕が気に入ったのは駿河湾沼津SAの刷る駿河丼。
ここで1時間程休憩。

SapaInfo_17247.jpg


再び東名に合流するのは三ヶ日JCT。と、言うことで当然新東名は浜名湖を見ることは出来ません。
岡崎ICを過ぎてからは伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車で四日市、鈴鹿方面へ向かい新名神に出ます。
僕は名神で米原、彦根を経由するよりも新名神経由で京都、大阪へ向かう事の方が多いです。
道も広いし走りやすいですね。草津で名神に合流し大津SAに22時30分に到着。
昼間だと大津SAから見る比叡山と琵琶湖の風景が美しいです。
ここも何回も来ているところですが、今回は30分の休憩のみ。直ぐに出発です。

あとはひたすら西宮北ICを目指します。西宮北ICに到着したのは23時30分。
一端高速道路を降りて再び西宮北ICの下り線に入ります。これで周遊スタートです。
西宮北ICから入るとすぐに神戸JCTで中国道と山陽道の分岐があります。
今回は山陽道経由で行くことにしました。

ーーーーー 2日目 三木JCT〜下関IC ーーーーー

三木JCTを通過したのが1時30分。
あたりは真っ暗で上りも下りもほとんど車は走っていません。
福山SAに着いたのが3時20分。30分の休憩です。
助手席にいる妻は熟睡中。

あとは、中国自動車道の伊佐SAが最後のSA。
中国自動車道と山陽自動車道が合流する山口JCTまでひたすら走ります。
伊佐SAに着いたのが7時00分。ここで30分間の休憩。
後は下関ICまでノンストップで走ります。
9時00分頃に下関ICに到着。東京から下関まで18時間でした。
流石に疲れました。

ーーーーー 2日目 下関を歩く ーーーーー

下関ICから下関の街中に入り朝ご飯を食べるためにまず向かったのが唐戸市場。
唐戸市場は、下関駅から国道9号線で東に向かっていきます。
唐戸交差点からすぐです。


唐戸からは関門橋が見えます。関門海峡を挟んで対岸は九州の門司です。
こう言う風景を見ると本当に本州の端まで来たんだなぁ。と思うのです。

下関1


基本的に下関の街は下関駅周辺から唐戸までの国道9号線沿いが栄えています。
唐戸交差点から唐戸市場を目指して車を進めていくと左にお洒落な建物が見えてきます。
旧英国領事館です。現在は喫茶店になっているようです。

英国領事館

旧英国領事館からは唐戸市場が近いです。
唐戸市場は下関で水揚げされた魚介が豊富です。
その日に水揚げされた新鮮なネタでお寿司や海鮮丼を食べることが出来ます。

下関2

下関3

唐戸市場を後にしてせっかくだからと言う事で関門トンネルを通って門司駅に向かうことにしました。
残念ながら門司駅は工事中でした。仕方なく門司港周辺を散策することにしました。

門司駅

門司港周辺は旧門司税関など明治時代の古い建物が多く残されており下関とは違った雰囲気を楽しめました。

門司

門司港

これで今日は終わり。ホテルに帰って疲れを取ります。
次回は下関から角島青島です。

僕のホームページでただ今準備中ですが「街道を訪ねて」シリーズを掲載しようと思います。

tag : 山口県 下関 角島 仙崎 青島 岩国 錦帯橋 広島 尾道


カメラ(OLYMPUS) ブログランキングへ
にほんブログ村
アクセス
カテゴリ

openclose

記事ナビ
このブログについて
このブログのテーマは大きく分けて二つのテーマを取り扱っています。 一つはオリンパスのデジタルカメラやレンズ、アクセサリーなど機材の紹介やレビューです。 二つめはこれまでの僕の旅の記録を五畿七道の分類に従って記事を作成しています。 オリンパスのデジタルカメラを片手に日本全国旅して各地の風景をここに残せたら良いと思い、ブログを作りました。
プロフィール
ブロとも一覧

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

ちょことまろん

遊遊爺的なボクの時間

シニカルな日常 with OLYMPUS PEN

よく当たる競馬データ予想 *無料*

FC2ブログアクセスアップ

写真日和

PHPラボラトリ

ワイドナショー発言・コメント集
FC2アフィリエイト
今、一番売れている商品
楽天売れ筋ランキング
楽天 オリンパスカメラ人気商品
フジカラーデジカメプリント
口永良部島 新岳噴火災害募金
FC2BLOG
検索
時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
Yahoo News
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Fotopusで写真を楽しもう!!
オリンパス オンラインショップ
最新コメント
月別アーカイブ
タグクラウド
亀山家(#1)神護寺(#1)あじろぎの道(#1)三千院門跡(#1)毘沙門堂(#1)深大寺(#1)南海道(#2)出雲歴史博物館(#1)あがりゃんせ(#1)門跡寺院(#2)昭和記念公園(#1)F2.0(#1)出雲大社(#1)鳥羽(#1)下関(#8)廬山寺(#1)Helios(#1)鵜飼(#1)光学10.7倍ズーム(#1)琵琶湖(#1)尾道(#8)山口県(#8)F1.8(#5)世界遺産(#10)中の島(#1)熊野速玉大社(#2)高雄(#1)塔の島(#1)宇治公園(#1)光学24倍&超解像48倍ズーム(#1)E-100RS(#1)京都御所(#1)京都(#3)MC(#1)仁和寺(#1)錦帯橋(#8)光学式5軸手ぶれ補正(#1)HELIOS-44M-58mm(#1)宇治川(#1)立川(#1)オールドレンズ(#1)逢坂関(#1)志摩(#1)伊勢(#1)伏見稲荷大社(#1)45mm(#4)金閣寺(#1)シルバー(#3)借景(#1)ラムサール条約登録(#1)浅草寺(#1)28-300mm(#1)鬼太郎茶屋(#1)全域F2.8(#1)東京(#2)58mm(#1)宝が池公園(#1)浅草(#1)OLYMPUS(#14)XZ-10(#1)大阪(#1)STYLUS(#6)SLV(#1)熊野本宮(#2)SH-2(#1)着せ替え(#1)比叡山(#1)橘島(#1)二条城(#1)嵐山宮廷鵜飼船(#1)伊豆,下田,弓ヶ浜,奥石廊崎,雲見(#1)那智の大滝(#2)宇治橋(#1)大阪駅(#2)レビュー(#1)天龍寺(#1)STYLUS-1(#1)単焦点レンズ(#2)大津(#2)デジタルカメラ(#13)M42(#1)F2.8(#4)伊豆,下田(#1)角島(#8)モッピー(#1)源氏物語(#1)貴船神社(#1)高野山(#2)44M-6(#1)出雲(#1)畿内(#1)岩国(#8)圓通寺(#1)鹿苑寺(#1)DIGITAL(#5)東南隅櫓(#1)青島(#8)E-PL3(#1)E-P3(#4)龍神峠(#1)ブラック(#2)東京駅(#2)広島(#8)岩倉実相院(#1)宇治(#2)嵐山(#1)OM-D(#1)鳥取(#1)F/2(#1)武蔵(#3)平等院(#1)賢島(#1)等持院(#1)VG-180(#1)M.ZUIKO(#7)安来(#1)白浜(#2)山城(#14)近江(#1)島根(#1)雄琴(#1)十三重石塔(#1)萩(#8)仙崎(#8)ポイント(#1)天丼(#1)鈴虫寺(#1)
RSSリンクの表示
RSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Ranking
メルマガ登録
オリンパス 人気商品
写真レイアウト自由自在
プロが教える一眼レフカメラ上達講座
デジカメ写真ネット注文募集
MyBook~1冊からつくれる写真集~
高品質のオリジナルアルバム
売上げアップ!!王様の撮影キット
カメラのキタムラ
カメラ買取の専門店
オリンパス ストア
更新履歴


西湖 (02/24)

我が家の猫 (01/07)

2016年 新年あけましておめでとうございます (01/01)

Carl Zeiss Jena DDR MC Sonnar 3.5/135 (12/30)

昭和記念公園のイルミネーション (12/26)

E-M1「冬の夜景キャンペーンセット」+12-40mm F2.8 Proをお得に購入 (12/21)

Carl Zeiss Jena MC Pancolar auto 1.8/50mm Lens M42 (2) (12/19)

E-M1とE-M5 MarkⅡのどちらを購入する? (12/18)

Carl Zeiss Jena MC Pancolar auto 1.8/50mm Lens M42 (12/14)

ROXSEN Focal Reducer Speed Booster Adapter M42を使ってみる (12/12)

総記事数:
FC2
Blog Ranking
ブログ王
にほんブログ村
ブログの殿堂
ブログランキング
かんたん相互リンク
ブログ村
ランキング
QRコード
QR